物忘れを年齢のせいにする小笠原

手帳に都度記載するのですが、自分の書いた字が読めず

ほかの人に何て書いているかを聞くこともしばしば・・・

最近は、後輩からスケジュールのアプリまで進められる始末・・・

 
  本日は、売却物件をお預かりするために現地確認に行ってまいりました。

少し特殊な店舗付住宅

1階が飲食店 2階が居住用スペース

それほど大きな物件ではないので、はやりの隠れ家的飲食店に良いのでは

なんて思ったりしています。

まだ販売を開始していないので、室内の写真だけ022.jpg019.jpg
" />

販売開始を前に少しだけ・・・

 さて、私と改装業者さん、そして売主様 みなさん年齢は40半ばを過ぎております。

現地の確認中に売主様が、「先に帰りますね」ということで、鍵もお預かりしたので

そこでお別れを・・・

しばらく現地を確認していると、ふと売主様にお願いをしていた書類をいただくのを忘れていたことに
気付き

私:「すいません お願いしていた書類をいただくのを忘れていました。今手元にお持ちでしょうか?」

と確認すると

売主様:「持っているのに渡すのを忘れてました~」

私:「今から頂きに行きます。」

少し前に改装業者さんも帰られており

戸締りをしていると、僕のカバン以外にもう一つ見慣れないカバンが・・・

私:改装業者さんに連絡「カバン忘れてないですか?」

改装業者さん:「ほんまや忘れてるわ~、今から戻ります」とのことで

笑顔でカバンの受け渡し完了

急いで売主様の方へ向かうと電話が鳴り

改装業者さん「現地で控えていた図面忘れてないですか~

私:「忘れてます~

近くで笑顔の図面の受け渡し

「年をとりましたね~」

売主様から書類を預かる際も笑顔で受け渡し。

もし周りで誰かが何かを忘れても笑顔で応えることを誓う小笠原でした。

LIXIL不動産ショップ ジェイネットハウジング



関連記事
スポンサーサイト
2017.05.15 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://jneth2.blog57.fc2.com/tb.php/825-93e3de64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)